2016年09月26日

蓄光顔料☆大切なのは「濃い色」と「淡い色」の使い分け☆

こんにちは晴れ
たまごペンギンですわーい(嬉しい顔)


いきなりですが・・・


蓄光クイズです!!!ぴかぴか(新しい)


【問題】ひらめき

蓄光をしっかりと光らせたいとします。
明るいとき(昼間)の見え方は、淡い色にしたいのですが、
そのとき、どうすればよいでしょうか?

以下の中から、一つ選んでください(^^♪

1.蓄光顔料パウダーを少なめにして、レジン液と混ぜる。

2.蓄光顔料パウダーの量は変えずに、より淡い色の蓄光顔料をレジン液と混ぜる。


20160817-IMG_0150lumick-color-bright.JPG


さて、どちらが正しいのでしょう???



正解は・・・(*^-^*)


こちらです↓↓↓ぴかぴか(新しい)




【答え】ひらめき



2.蓄光顔料パウダーの量は変えずに、より淡い色の蓄光顔料をレジン液と混ぜる。


どうでしたか?
正解できたでしょうか(*^-^*)


普段、レジン作品を作るときは、
明るいところで製作しているので、
普段の見え方を重視して、蓄光顔料の量を考えてしまいますよね。

そうすると、ついつい「淡い色」にしたいから、
「蓄光顔料」は少なくしよう!!!となりがちですが、
それだと、蓄光顔料の量が少ないので、思ったような光量が出ない可能性もあります(+_+)


そんなときのために、
たまごペンギン工房では、

「濃い色(Pale)」と「淡い色(Bright)」の両方をご用意しています(*^-^*)



pale-bright-hikaku-anigif.gif


濃い色にしたいときは、濃い色の蓄光顔料。るんるん

淡い色にしたいときは、淡い色の蓄光顔料。るんるん


たったこれだけの工夫・使い分けで、
「あれ?量を少なめにしたら、あまり光ってないなぁ」なんて悩みも、
無くなるかもしれません(^^♪

「蓄光顔料の量が少ないと、光る量が少ない」
当たり前と言えば当たり前なのですが、つい少なくしてしまいがちです(^▽^;)



あと、「濃い色(Bright)」は、暗闇で光ったときに、
赤色もキレイに出やすいです(*^^)v


「DAY」が「濃い色(Bright)」を使っていますが、
赤色が暗闇でもしっかり見えているのが分かると思います☆↓

lumick-color-dark−HAPPYBIRTHDAY.JPG

limick-color-birthday-moji.JPG

「たまごペンギン工房」で取り扱っている蓄光シリーズは、
蓄光の色や光にこだわりたい方のために、
いろんな種類をご用意しています(^^♪

淡い色(Pale)と、濃い色(Bright)、ぜひ両方を使い分けてみて下さい(*^^*)

ご来店をお待ち致しておりますかわいい



☆いつも応援ありがとうございます☆


「にほんブログ村」のランキングに参加中です。
皆様からの1日1クリックが、記事を書くときの励みになっています。
ぴかぴか(新しい)
    ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


透明樹脂レジンアクセサリー材料のお店
「たまごペンギン工房 WEB SHOP」ぴかぴか(新しい)は、こちらです↓

20130613たまごペンギン工房(ショップバナー).png

posted by たまごペンギン at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓄光素材(レジン)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177032792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック